ハニートーク

女の子と直接繋がお話することで、テレフォンセックスを存分に楽しむことが出来ます。無料お試しポイントもありますので、是非利用してみてください。

スイートコール

テレフォンセックス初心者にオススメなのがこのサイト!誰でも簡単に電話Hを楽しむことが出来ますよ!

ハニーライン

Hなお話がしたい女性が常時待機!あなたの話術で女性をイカせちゃいましょう!

ももこ

全国から相手を選べるだけでなく女性誌掲載と信頼度も高いので大人気のサイト!テレフォンセックスでしか味わえない機能も満載!

MAX

近所の女性とスグに繋がる!今すぐ会える!新世代のテレクラサイトの決定版です!

失恋した直後から始めたテレフォンセックスにドハマりしちゃった

私はけっこう長くつきあってた彼がいたんですが、その彼が他に彼女作って、私とは結婚の約束までしてたのに、結局ふられちゃいました。
彼がいない部屋でしばらく何もする気にならず毎日泣きながら暮らしてました。
一緒に暮らした時間が長いほど別れた時の寂しさはたまらないです。
今までふつうに隣りにいて笑ってた彼がもういない。
部屋の何をみても彼のことを想い出すものばかりで、今さらながら彼の大きさが身にしみました。
私の仕事がとても忙しくて、それを彼はわかってくれてると思ってたんです。

でもそれは私の勝手な思い込みで、彼は寂しかったんだろうと思います。
彼の気持ちに全然気づいてあげられなかった私が悪いんですけどね。
悪いのは私なんです。
仕方がなかったと諦めるしかないですね。

でも済んだことでいつまでもメソメソしてられないし、ちょっと気分転換になるかもと雑誌でみつけたテレフォンセックスサイトに登録してみました。
軽い気持ちで始めてみたんですが返事がすぐ来て、私はその中から何人かと電話してみました。

すごく興奮しました。
オナニーなんてしたことないのに、身体は正直なもので、女でも恋愛とセックスは別なのかと思いました。
それでも、テレフォンセックスの相手の声が少しでも別れた彼と似てる人を選んでる自分もいました。
電話でイッた後、気分もなんだかスッキリしました。
今でも時々その人と電話でエッチしてますが、そろそろ離れて他の人とも電話でエッチしてみようかなと思います。

お互いの興味と相性次第というのが強いのです

Kさんはある日、友人からテレフォンセックスを勧められました。
実際に会ってするセックスと違い、テレフォンセックスは相手の姿を見ることなく、電話を通じた声と音だけでコミュニケーションをとりながらするセックスです。
それだけに、相手の姿や、相手にしている・されていることを妄想しながら気軽に楽しむことができるテレフォンセックスというのはとても刺激的なのだと友人はいいます。
また、相手の姿が見えなければ、たとえ実際の容姿が好みではなくとも、イケメンをイメージすればいいのですから問題ありません。

しかしKさんは正直なところ、さほどテレフォンセックスには興味が持てませんでした。
でも、友人がそこまで勧めるならと、一度くらい試してみるか、という気になって、出会い系サイトで知り合った相手とテレフォンセックスをしてみることにしたのです。

とはいえテレフォンセックスの経験もないKさんは、どうしたらいいのかもよくわかりません。
相手から「どういうシチュエーションがいいのか」と聞かれましたが、よくわからないので相手に任せることにすると、相手からは「上司と部下って設定でどう?」という提案が。
社会人のKさんにもそれならわかりやすいシチュエーションですから、じゃあそれで、とOKして早速はじめることに。

そのシチュエーションでは、相手の男性が上司、Kさんが部下、ということで、仕事でしくじったKさんを、上司である男性がお仕置きとしてイヤらしいことを……という内容。
相手の男性の方は、上司役を演じながら大興奮。
しかしKさんの方はというと、全くそれを楽しむこともできず、一人で盛りあがって感じている相手に対して、仕方ないので合わせて声を出したりしてはいますが、全く楽しくも気持ちよくもなれない有様。
結局相手が一人でイッて、Kさんは引いてしまったままプレイは終了。

やっぱりセックスは実際に触れ合ってヤらないと気持ちよくなれないよ、というのがKさんの結論だったようですが、テレフォンセックスも結局のところ、お互いの興味と相性次第、ということなのかもしれませんね。

イマジネーションを働かせてテレフォンセックスパートナーを探す

テレフォンセックスは電話を介してののコミュニケーシだとも言えますが、当然それだけでなく大人の情事だときちんと認識しておく必要があります。
大人同士でなければ成り立たない関係がテレフォンセックスというコトが言えるでしょう。
その訳が、若年層の人相手だとイマジネーションを働かせるよりも実際に抱き合う方が簡単だし魅力的だと思う人が多いと言えます。
なので、テレフォンセックスに魅力を感じるのは、ある意味で成熟した人と言ってもいいと思います。
当然、テレフォンセックスに関してその良さを理解していない若年層の女性に自分の話術を駆使してテレフォンセックスの良さを目覚めさせ理解してもらえると男として非常に嬉しいですよね。
しかし、それは非常に大変な試みだと言えます。

その手間を考慮した場合、テレフォンセックスは自然と大人の情事だと言えるモノになってしまいがちです。
だが、大人としかしては駄目という類のものではないので、自分のテクニックに自信のある人は、若年層の女性ににテレフォンセックスを仕掛けて充実感を得られることもあるでしょう。
しかし、それはテレフォンセックスのパートナーを見つけることよりさらに難易度が上がります。
特に若年層の女性は性に関して早熟で、その方法は実際に抱き合うのがセックスだと認識している人が多いので、そうした固定観念を打ち破ることは並大抵の努力では無理だと理解しておいた方が無難でしょう。

本当にエロい女性じゃないと難しかったりするのがテレフォンセックスの世界です

テレフォンセックスをした事がある40代男性の体験談です。男性はテレフォンセックスは若い頃はよく利用していたようですが
最近はあまり利用しなくなったようです。
若い頃は、相手が会えないのなら、電話でイカせてもらおうという考えで、テレフォンセックス自体簡単だと思っていたようです。
そもそも若かったので、いつだってやりたいという気持ちが強く、相手に卑猥な言葉を言わせて女性と会話をする事で
興奮してオナニーして満足とった感じだったようですが、

中年になるとそんな簡単には満足しなくなります。テレフォンセックスにも話術や高度なテクニックが必要だと気づいたようです。
また相手の女の子も実際に会ってセックスするより、テレフォンセックスの方が安全だから、出会い系サイトで知り合って少し親しくなったら
テレフォンセックスに付き合ってくれる女の子も少なくありませんが、あくまでも積極的にテレフォンセックスをしたいわけじゃなく
「断りきれずに」「相手にならないと可哀想」と思ってする女の子が少なくありません。


そのため結果として、慣れてなくて1人で喘ぐだけで、妙な間が出来て2人で吹き出してしまうなど、険悪な雰囲気ではなくても
セックスのエロさまではいきつかないようです。

テレフォンセックスは本当にエロい女性じゃないと難しいのかもしれません。
男性にも振る、音だしが上手など、想像力を掻き立てる演出が大切です。そのため男性はプロフィールでテレフォンセックスに慣れている
女性を探すようにしているみたいですが、なかなかテレフォンセックスに慣れている女性を探すのは難しいですね。

声だけで相手とのセックスを楽しむのです

ここではテレフォンセックスの魅力についてお話してみたいと思います。

テレフォンセックスというモノについては以前にも説明した通り、電話を介して相手との会話を楽しみながら、お互いのオナニーを「声」を聞かせることによって擬似セックスとみなす行為を言います。
少し難しく言えばそのように説明できますが、もっと簡潔に述べるなら目の前にいない相手と擬似的なセックスを楽しむ事が可能ということです。
セックスの楽しみを挙げると相手の反応を見ることがあると思いますが、電話の場合は相手の反応を直接に、しかも電話を介してといってもリアルタイムで声を聞く事が可能です。
当然、自分の声を相手に伝える事も出来るのがチャットなどのセックスとの違いと言えます。


文字を介してではなく、声を介して相互のコミュニケーションを取れるので、テレフォンセックスは実際に体を重ねてはいませんが、セックスそのものと言ってもいいでしょう。
だが実際にセックスするには相手と会う時間を作るだけでなく、待ち合わせをし、セックスする場所を用意するなどいろいろと大変ですが、テレフォンセックスの場合は、電話料金だけでいいので経済的に負担が少ない上には家でセックスが出来るというのもテレフォンセックスの魅力だと思います。
実際には体を重ねるのではなく相互オナニー行為ですが、ある意味「セックス」と言ってもいい、そんな行為がテレフォンセックスと言えます。

普段より少し大胆くらいがちょうどいい

テレフォンセックスが好きな人は、普段のリアルセックスにおいても声の掛け合いや会話が好きな人が多いです。ただ、喘ぎ声を聞かせ合うだけでイイと言う人もいますが、やはりその時に合った、生の声を聞きたいという人が多いですね。

テレフォンセックスは、相手に触れることができない分、自分に集中できます。そして、相手が見えない分(見える場合もありますが)言葉だけで、相手の様子を伺いながら相手を思いやる気持ちが大事です。思いやる気持ちがないと、相手と絡む事ができませんし、自分だけが好き勝手に果ててしまった、と言う事になっては、相手がかわいそうですからね。

テレフォンセックスのコツは、やはり、お互いの要求の‘バランス’と‘思いやり’だと思います。 いきなり喘ぎだすのではなく、最初はやんわりエッチな会話から徐々に相手の好みなどを察知して、同時に自分の要求も伝えていると、だんだんと盛り上がってきます。そうすれば自然な流れで呼吸の合ったテレフォンセックスができるハズです。

大げさなことはしなくてもいいですが、テレフォンセックスは、果てしない想像力の世界ですから、普段より、少し大胆になるとより興奮すると思います。
大げさな喘ぎ声などでは、むしろ冷めてしまいますからね。

テレフォンセックスで最も重要な事

テレフォンセックスで重要な事は女の子の選び方です。テレフォンセックスで楽しめるかどうかは相手次第だと言ってもいいでしょう。

顔が見えないんだから誰でもいいと思ってないですか?選び方を間違えるとテレフォンセックス自体が出来ない事だってあります。
一番避けたい女の子のタイプは、男慣れしていない女の子です。初心な女の子が好きという男性も多いかもしれませんが、

実際に会うのならともかく、男慣れしていない女の子とテレフォンセックスをするのは難しいと言う事を理解しておいて下さい。
なぜかというと、女の子もテレフォンセックスのサイトを利用している以上興味がないという事はありませんが、いざテレフォンセックスをしようと
すると怖くなって逃げてしまったり、やっぱり無理という話になって全然テレフォンセックスを始める事が出来ません。

そして、テレフォンセックスだけじゃなく、その相手のあなた自身の印象まで悪くなってしまい、後味が悪い思いをするでしょう。
会話の流れからテレフォンセックスに入るためには、男慣れしている女の子の方が展開が早くスムーズに体験出来ますね。

もちろん、メールだけで男慣れしている女の子か、男慣れしていない女の子か簡単には判断出来ませんが、
例えば下ネタを振った時のリアクションなどで、多少の判断は出来るはずです。
女の子はデリケートですが、時にこちらが驚くほど大胆な一面ももっています。それを引き出すのがテレフォンセックスですが、
初心者では引き出すのが難しいので男慣れしている女の子をしっかり選ぶようにしましょう。

本当の事はいわなくてもいいので自分の中の「理想の女性」を用意しよう

テレフォンセックスは電話を使ってするセックスなので、顔や状況は相手には伝わりません。つまり本当の事を言わなくてもいいのです。
例えば正直に言うよりも、なりたい自分や男性が喜ぶ理想の女性を演じてくれる女性の方がテレフォンセックスではモテるはずです。
男性の理想の女性は好みがあるので一概には言えませんが、一般的な理想の女性像は

声は小さめで清楚で大人しい感じ。でも清楚と言ってもセックスには興味がないと男性は困るので、セックスには興味がある事を前提に。
年齢は声に出るので、あまり実年齢と差があれば嘘はバレますが、実年齢より少し若くいいましょう。基本的に男性は若い女性が好きです。
「女子高生」と言われるのが一番喜ぶ回答です。

外見では、肩までの黒髪ストレートで肌は色白、目は二重でパッチリしているのが理想的です。

テレフォンセックスでよく聞かれる質問は「今どんな格好しているの?」ですが、この質問に対しての答えは
最初から下着姿や裸では逆に不自然なので、お風呂上りで暑いからキャミソールと短パンや、もう寝ようと思ってたからパジャマなど
ありえる状況を答えて下さい。

「どんな下着を着けているの?」という質問には黒や赤の下着は引かれます。そもそも理想が清楚な女性なので、
「白で小さいお花がついている」のが模範解答と言われています。バストのサイズは小さすぎても大きすぎてもよくないので
C〜Dカップが好きという男性は多いでしょう。

テレフォンセックスはある程度質問が決まっているので、その質問の答えをあらかじめ用意しておけば、理想の女性を演じる事が可能です。

電話を利用したセックスは実は日本限定だったりします

テレフォンセックスの語源は、テレフォンもセックスも何れも英語ではあるものの、これは日本において出来た言葉です。とはいっても、カタカナ事典に記載されているかといえばそういうものでもなく、そういったセックス用語あるいは俗語辞典などには辛うじて掲載されているかという程度です。

いずれにしても、テレフォンセックスは「電話を利用したセックス」ということだとは容易に察しがつきますが、和製英語と言い切るのも難しいラインです。日本では当たり前のように使用している英語(外来語)が、実際の母国語圏では一切通じないというケースは珍しくないのです。

では英語圏の人々に「テレフォンセックス」といったところでチンプンカンプンなのでしょうか?といっても、このような質問を実際のネイティブの友人にきいたところでその人のモラルが問われてしまうので安易に質問できる話題でもありません。

しかし一つ確かなことは、出会い系サイトは日本に限定されたものではなく、外国人とも出会うことも出来、実際に外国の方とテレフォンセックスをすることも可能です。もちろんテレフォンセックスが日本だけで行われているかといえば俄かに信じがたいので、それらを加味して推察するに、正式な言葉ではないものの、言葉のニュアンスとしては辛うじて通じるというものでしょう。


つまり、言葉の組み合わせの問題としてテレフォンとセックスそれぞれが通じるのであれば、かなりシチュエーションも限定されてきますから外国の人であっても何とか意味を汲み取ってもらうことも出来ない話ではないでしょう。もちろん、辞書に無いから言葉として間違っているということもなく、現代日本に浸透している言葉のひとつです。

このようにテレフォンセックスの歴史と名前の由来について述べてきたので、テレフォンセックスにお勧めできる相手を紹介していみます。

割り切って楽しむことをおススメしますよ

チャットをしていて女性と仲良くなってくると、
チャエッチだけに限らずテレフォンセックスをしたがる女性も少なくありません。
こういった女性もまた、性に対して好奇心旺盛な20代以下の若い世代が多いようです。
テレフォンセックスをしたがる女性もまた、チャエッチ同様
「その場だけの関係」と割きっている人が多いようで、
実際にその女性と会える確率はかなり低いといえるでしょう。

それはなぜか?
テレフォンセックスもチャエッチも、痴態を晒す行為といえます。
女性がそのような行為ができるのは、相手との関係がヴァーチャルであり、
間接的であるからこそです。
一度自分の恥ずかしいところを見せた相手に、初対面を装って会うことはそれこそもっと恥ずかしいと思うのです。
このあたりの心理は男性とは大きく違うところです。
もちろん電話でやりとりをしていて相手と波長が合うと感じた場合、
その後も何度もテレフォンセックスを繰り返す関係になるかもしれません。

しかし何度テレフォンセックスを繰り返したとしても実際に会えるようにはなかなかなりません。
あなたが有料サービスでテレフォンセックスをしていた場合、

それこそ実際に相手の女性と対面することは不可能です。
その理由は言わずもがなです。
ネット上や電話で自ら痴態をさらけ出す女性とは対面できないもの、
まずはこのことを肝に銘じておきましょう。
もしどこかでそのような女性と出会ったら、妙な期待はせずにその場限りと割り切って楽しむほうがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ